手術後..4日目<診察>

診察の指定日だったので、午前中に病院へ。
傷口が少し盛り上がっているように見えたのは、チョコが舐めちゃったせいみたいで..
ときどきカラーを外してあげてたのがいけなかったのだろうか(汗)
でも、化膿しているわけではないし、ヒドイ状態になっているわけでもないので
注射を打って、化膿止めと炎症止めの薬を1週間分もらって帰ってきた。
「薬を飲ませるのも大変でしょ~」って先生は言ってたけど
うちのチョコちゃんは偉いの!
3mlの小さなシリンジを薬を飲ませるようにもらってきてて
水でといた粉薬をそれに入れて飲ませてるけど
口角の当たりにシリンジを突っ込んで
奥歯で噛み噛みさせながら飲ませてるんだけど
子供達が薬をあげても上手に飲めちゃう。

次の診察は1週間後の抜糸。


comments (15) : trackbacks (0) : Edit

手術後..3日目

ご飯もトイレもお遊びも、もうスッカリ普段通り。
カラーも日中、私達の目が届く時は外してあげて
出かける時と寝る時と、傷口を舐め始めたらまた装着してる。
(抜糸まで外さないって言われた気もするけど...)

傷口は化膿することもなく、順調に回復してると思うんだけど
ちょっと赤くなってる気がする。。
切り口が縫い合わせた針金の間から少し盛り上がってるようにも見えて
ちゃんとくっつくのかなぁ~。。
こんなものなのかしら?
ちょっと心配(^_^;)


comments (11) : trackbacks (0) : Edit

手術後..2日目

朝起きるとすぐに抱っこをせがみ、ご飯を欲しがり
お気に入りの水飲み場に行きたがり、手術前と変わらない一連の動作。
抱っこは、私の方がお腹に触れるのが恐い(^_^;)

食欲もあって、ご飯も今までと変わらなく食べて、水もシッカリと飲んでいる。
薬も暴れることなくちゃんと飲めて
ウンチも朝と昼に2回、元気なウンチをした!
朝のウンチは量が多かったぞな、もし(笑)

カラーにはまだ慣れてないみたいで、壁にカラーをすりつけたり
キャリーやお気に入りの箱にはいるのに、いつも通りに直進して
カラーでとうせんぼうされて首が長くなっちゃったり
寝ようとしたらカラーが縦になって、顔が上向きのままだったり
毛繕いのつもりがカラーを舐めて満足してたりと...見てるとほのぼのだぁ(*▽*)
で、ついつい出かけもせずに一日を通しては、寝てることが多い..といか
寝てばっかりのチョコの側にいて
私も添い寝をしちゃって、今日は洗濯とblogの更新と携帯メールの返信と
骨盤矯正器具を売りたいおばちゃんの電話に30分付き合っただけで終わった(爆)

痛そうとか、辛そうとかは見受けられないけど、一日中横になってる。


comments (17) : trackbacks (0) : Edit

手術後..1日目

一緒に迎えに行きたいという子供達の帰りを待って
午後の診察開始16時の10分前に迎えに行くと
既に待ち人2人で、診察が始まっていた(笑)
みんな早いなぁ~、うちもだけど(爆)

診察券を出して一息つく間もなく、すぐに診察室に呼ばれて行くと
チョコは女性スタッフに抱きかかえられていた。
その女性スタッフの方は「昨日一日チョコちゃんと会えなくて寂しかったでしょ?」と
目線を落として子供達に問いかけた。
なのに、「寂しかったですぅぅぅ~」と我先に私が答えた(..;)
だってぇ、ほんと朝なんて話し相手がいなくて物足りなかったのよぉ。
ダンナが起きるまでの30分の一人の時間...つまらなかったなぁ。
もう、完璧にチョコは家族なのだ!と思った。

チョコはと言うと、病院でも大人しくて
普通にご飯も食べて、水も飲んで、トイレもして、遊んで~ってせがんだりもしてたらしい。
傷口は4針縫われてたけど、患部を舐めることもなく、いじることもなく大人しいので
(♂より♀の方が気にしない子が多いらしい)
エリザベスカラーを付けずに帰宅してOKということ。
もしも、舐めたり、噛んだりしたら
気になりだすと止まらなくなったりするので連絡下さいってことだった。

チョコは、帰宅途中は少し落ち着きがなかったけど
帰宅するとすぐにキャリーから出て
いつも餌が置いてある場所に歩み寄り、クンクンと臭いをかいで
そこになにもないと分かると、一目散にトイレに駆け込んでおしっっこ。
それから、ご飯を食べて、水を飲むと、安心したのか
キャリーに戻り座り込んで毛繕いを始めた。
傷口を舐めないか心配だったので、ジィィィィィーっと眺めていたら
股、尻尾、足...に続き、舌が傷口に。
何度かはおもちゃで気をそらせたけど、気になり出しちゃったみたいでずっと舐めてる。
多少は大丈夫だと思うけど、私の方が気になっちゃうのが嫌なので
帰ってきたばかりだけど電話をして、エリザベスカラーを付けてもらうことに。
カラーをつけたチョコは、窮屈そうだったけど抵抗することもなく大人しかった。
先生やスタッフの方達から「チョコちゃんは可愛いですねぇ~」
「いいこですね」「チョコちゃんはほんとに可愛いですよ」なんて褒められて
(あれはお世辞じゃない!)
「でしょぉ~、可愛いでしょ、チョコ」と、人前で思いっきり、親ばかしてきた(笑)

カラーしてると、ご飯をたべるのも水を飲むのも
器を一段高くして上げた方がいいっていわれたけど
チョコはそのままでも今まで通り摂取できるみたいなので、なにもせず。
ほんとは邪魔だろうに、大人しくご飯も食べるし
なんとかキャリーに入ろうとするし、可愛いヤツだ。

それにしても、やっぱり術後すぐに今まで通りとはいかないようで
すっごく大人しくてずっと寝てる。
食欲もあまりないみたいで
(病院で何時にどのくらい食べたか分からないので定かでないが)
ほとんどクチにせずに、水を少し取る程度で
後はずっとカラダをだらりとさせて、目をつぶってる。
抱っこをして欲しいとせがまれるけど、針金のような糸で縫った傷跡が痛々しくて
しっかりとダッコして上がられなくて、お尻と頭を支点に軽く抱っこするしかできない。。
そんな姿を見るとつくづく「チョコ、頑張ったなぁ~」って思う。
早く全快するといいな♪


comments (873) : trackbacks (0) : Edit

手術当日

朝ご飯を我慢している間、最初のうちは大人しかったけど
だんだんとイライラしてきたのか
いきなり飛びついてきて私の腕を抱え込むようにして
爪を立てたり、ガブガブ噛みついてきたり、とにかく家の中を走り回ってみたり
いつもよりも落ち着きがなかった。
そりゃそうよねぇ..いつもなら満腹になって寝てる時間なのに
空腹のまま眠りについて、そのままなにも食べられないんだもの。
私だって、そうなったらイライラしちゃう。
走り回ったりとか、お腹が空くことはしないと思うけど(笑)

キャリーに入れて車に乗ると、落ち着きのなさ倍増で
寝転がったまま左右に転がり、手を伸ばして私を呼び鳴き通しだったので
ドアを少し開けて、左手で頭をなでながら話しかけると落ち着いた。
かぁわぁいぃぃぃい~(〃▽〃)

9時10分頃に病院に到着すると、既に先客ありで
診察待ちのワンちゃんが5頭座ってた..みんな早いなぁ~(..;)
呼ばれるまで待っていると十数分待って、チョコと一緒に手術室へ。
そこで体重測定をして(2.1kg)問診、触診を受けて(チョコはシャーって怒った)
特に変わったことがなかったので、そのままお預け。

手術をするに際して、イロイロと調べました。


花王 ペットサイト

猫を知る

避妊・去勢




チョコの避妊手術

年齢:(推定)5ヶ月
体重:2.1kg
2007年2月7日実施


comments (73) : trackbacks (0) : Edit
1/3 >>
MERO